2017年6月6日

今日は下着の備忘録です。

寒い時期はあったか系のパンツを愛用していますが
夏に近いシーズンは薄着になるので
ヒップラインが気になります。
ボトムの素材も薄手になるので
パンツのラインがくっきりとか
淡色のボトムから透けるパンツの色とか
やっぱりそういうのはダメですよね


そこで今年もマイフェイバリットパンツ。
ユニクロのウルトラシームレスショーツを
4枚新調しました。
ユニクロウルトラシームレスショーツ (1)



夏はホワイトデニムを履く機会が増えるので
鉄板カラーのベージュ狙い。
ベージュは2枚追加投入。
ユニクロウルトラシームレスショーツ (2)




カラバリも豊富になっているので
目新しいところでヘザーのブラックと
見た目も爽やかなブルーを選びました。
ユニクロウルトラシームレスショーツ (6)




ヒップハンガーの定番モデルです。
お値段1枚590円。
セールにならないかな〜とずっと待っていたのですが
根負けして定価購入です


しまむらのシームレスショーツにしようかと
悩んだのですが・・・
在庫切れや品薄感が予測されるしまむら。
手堅いところで今年はユニクロで落ち着きました。


今もしまむらのシームレスショーツは
痛みも少ないので現役で履いていますが
個人的な感想としては
ユニクロのほうがさらにシームレス。


縫い目ゼロのフラット感。
ユニクロウルトラシームレスショーツ (4)




ヘム無しのこのモモ周りの仕様は
やっぱりユニクロに軍配があがります。
ユニクロウルトラシームレスショーツ (5)



タグなしのプリント仕様は
履き心地をさらにアップさせます。
無駄が無いプレーンな造り。
ユニクロウルトラシームレスショーツ (3)



ただ・・・
少し難があるとすれば
伸びやすい生地であるところ。
ゴムでフィットさせる下着ではないので
普段の着用と日々の洗濯で
かなりパンツ本体が伸びます。


ジーンズを脱ごうとすると
パンツも一緒に脱げてしまう。

シームレスショーツのあるあるネタです。



新しいパンツを履いてみると
そのフィット感を強く感じます。



最初はこんなにフィットしてたのね〜


・・・と思うことは思うのですが
タレ尻なので
ケツなのか太ももなのか
その肉の所在がすでに不明な部位が
パンツからはみ出しやすいのも事実


あぁ・・・
現実って残酷ね!




ブログに後ろ姿を掲載してますが
ほんとに自分の後ろ姿が嫌い過ぎます
その大きなお尻とたくましい太ももを
見せないように割愛したいところですが
一般人の一般的な体型は
きっと誰かの勇気につながると信じて
今でも後ろ姿は勇気を出してアップします。




ファイトォ!
いっぱ〜〜〜つ!!




そして今宵も
私のお尻合い(お知り合い)の皆様へ。
※お尻アップでごめんなさい
ユニクロウルトラシームレスショーツ (8)

ウルトラシームレスショーツの良いところ。
やっぱり下着のラインが出ないところに付きます!



パンツからはみ出す憎き肉は仕方ないのですが
パンツの影が見えないところは
やっぱりユニクロの機能性下着の良いところ。
ユニクロウルトラシームレスショーツ (9)



透けないボトムの時はカラフルパンツでOKですが
やっぱりホワイトはどうしても透けるので
ベージュは何枚か持っていたほうが安心です。
ユニクロウルトラシームレスショーツ (7)
ユニクロのベージュがホントに透けません。
夏の必須アイテムです。



伸びやすいのがたまにキズですが
ローテーションできる枚数として7枚は死守。
痛みの具合も緩やかになります。


もう少し安いと財布的に助かるのですが
このシームレスショーツはファッションの一部として
投資するだけの価値と意義がある。


ダラダラに伸びたものは処分して
新しいパンツにオシリも喜ぶ
ウルトラシームレスショーツの備忘録と・・・


下着に手を抜く女にならないように
自分を戒めながらの備忘録でした。




やっぱりパンツはユニクロが好き