ミシンの針自動糸通し機能が壊れたので修理に出した

ソーイング

2016年5月27日

今日はミシンの修理備忘録です。

私の使用しているミシン。

品名:エクシード ドレスメイク
型番:HZL-F400JP

先日楽天のクイーンズポップで購入したボトム。
裾直しをしたのですが・・・
その時にミシンから異音が聞こえまして

そもそも購入から月日は経つものの
根本的にこのミシンに慣れていない。
その最たる例は糸掛けと下糸自動巻き。

下糸の自動巻き機能が付いているので
糸をボビンにセットするだけで糸巻きが開始します。
ここが難所。
ボビンに数回糸を巻きつけるのですが
その方向を毎回忘れてしまうので
そのたびに取説を熟読。
そして・・・忘れるの繰り返し

ここをなんとかクリアして次は上糸セット。
基本的にミシンに糸掛けの順序が書いてあるのですが
最後に超便利な針自動糸通し機能がありまして
そこにセットして糸通ししようと思いましたら・・・

「ガタガタン」

何が起こってしまったのか

再度トライ。
ミシン左端にある糸掛け用のレバーをそっと下に下ろします。
糸かけ案内の7番が針の方に動き出します。
ミシン修理 (9)

その後・・・
さらに回転して針の穴に向かうのですが
ミシン修理 (10)

糸が針穴をスルーします
さっきのガタガタ音は
このギザギザ型のギヤが外れた音のような気がします。
ミシン修理 (11)

幸いにも!
この針自動糸通し以外の不良はなく
縫うことには支障がありません。

ありませんが!
最近老眼気味の私の目。
見えるかっ~~

ということで
アナログな糸通しを使い
見えにくい針穴に糸を通して無事裾上げは完了。

でも困った!

これからずっと自分でミシンの針に糸を通さないといけないのか?
心が折れそうです

ヤフオクで購入した時のミシン屋さんの保証書を出してみます。
BlogPaint

なんとラッキーなことに
販売店の自社保証5年が付いてました
不具合を記載して店舗にメールしたら
送って下さいと回答がありました。

平成24年7月24日 購入
平成28年4月12日 修理依頼

片道送料はこちらの負担で
修理受付をしてくれるということで一安心。
ヤマトで三重県までの運賃=1,620円

さて!
荷造りをしようと空箱を出します。
万が一に備えて空箱は捨てずに保管してあります。

場所は母親の部屋のタンスの上。
やっぱりとっておいて良かった~。
ミシン修理 (5)

ミシンを送って10日以上経過した後
なんの音沙汰もなくやや不安になったので

「まだですか?」

と問合せしたら

「明日返送します」

と回答がきまして修理を終えたミシンが
我が家に戻って来ました。
養生テープでガッツリ保護されてます。
ミシン修理 (13)

修理内容を確認。
ミシン修理 (3)
片道の送料で修理完了しました

なにやら・・・
仕様変更があったようです。
ミシン修理 (6)

ミシンを確認してみると・・・
修理後がこちら。(※6番)
ミシン修理 (20)

修理前はコチラ(※6番)
ミシン修理 (10)
複雑な糸通しだった6番箇所が
簡単な糸通しに変更されていました。

ここが上糸掛けの難所のひとつでもあったので
なにやらうれしい改良ポイント。

肝心な針自動糸通し機能。
ミシン修理 (27)

こちらもキチンと直っています。
ミシン修理 (28)

ホント良かった!!

部品交換した証。
ミシン修理 (17)

確認後の縫い目も付いてきました。
うれしいな~
ミシン修理 (16)

私も一応試し縫い。
ミシン修理 (29)

確認作業も完了です。
ミシン修理 (32)

今後の注意点としては
針自動糸通しはとてもデリケートな機能なので操作は優しく丁寧に!
特にはずみ車の位置を確認してから糸通しを行うこと。
ミシン修理 (23)

はずみ車を合わせた針位置で
押さえは下げる。
ミシン修理 (24)

冷や汗もののミシン不具合でしたが
販売店の5年保証に救われました。

保証ってほんと大切だな~と痛感した
ミシン修理の備忘録でした。

ミシンが直って快適になったところで
ソーイング熱に火が付きました。

基礎的な知識も無いので
楽天で参考書のような本を購入。

何か創作活動もしたいな~と思う今日このごろです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました