ペリカンのボールペン ブラック ストラ

Amazon

2016年7月12日

今日は文房具の備忘録です。

20代の頃から愛用していたペリカンのボールペン。
ある日突然・・・なんの前触れもなく壊れました

替芯交換の際に本体のネジになっている部分。
ここが折れました。
そりゃあもうビックリでした。

なんとなく愛着があったので
2代目もペリカンを購入しようと探してみたものの
ペリカンのボールペンって高い
最近買ったことないから忘れていました。

でも・・・


欲しい!!

だが・・・


無理だ!!

と思ってAmazonで毎日検索して探していたら
ある日突然ヒットしたペリカンのボールペン。
しかもお値段が激安だった
※ペリカン的にです。

急いでポチッとな。

時代がどんなにデジタルに変わっても
アナログな筆記具は絶滅しない!

書いていて楽しくなるような筆記具。
これは公私において絶対に必要です。

さて・・・
購入したボールペンのお披露目です。
ペリカンボールペン (13)

ペリカンの名前の通りペリカンのマークと・・・・
ペリカンボールペン (5)

ロゴとペリカンらしいクリップ部分。
ペリカンボールペン (6)

以前使っていたボールペンはノック式でしたが
今回はツイスト式です。
ペリカンボールペン (7)

日本のボールペンの芯は
細字~太字までバラエティ豊かですが、
舶来品のボールペンは細めでも普通程度の太さです。
ペリカンボールペン (8)

替芯はペリカン337。

替芯もけっこうなお値段なので
このボールペンを維持すること自体コストかかります
先代のペリカンが壊れない前提で
替芯のストックも買ってありました。
ペリカンボールペン (11)
無駄にならずに済んで良かったです。

重さは25g。
適度な重量があってとても持ちやすいです。
ペリカンボールペン (9)

長さは14cm弱。
ペリカンボールペン (10)

見た目はかなり硬派ですが
女性の手にも馴染むシックなデザインです。
ペリカンボールペン (4)

実は・・・
先代のペリカンが壊れてから・・・
オマケで貰ったボールペン(右側)に替芯を入れて使っていました。
ペリカンボールペン (12)

ペリカンのボールペンの替芯を出して確認した時
スプリングの形状も確認したら
オマケのボールペンと同じ規格だったので
こちらはストックしておくことにしました。
ペリカンボールペン (14)


ありがとよ~~
世話になったな
オマケちゃん!

ペリカンのボールペンに限らないのですが
書きやすいボールペンの共通点は筆圧が加わった時に
ペン先がその圧力でシナらない強度がある事だと思います。

人差し指と親指でボールペンを押し付ける際に
ボールペン本体と芯が揺れない構造。
そういうところに滑らかな書き心地を感じます。

お値段はピンキリのペリカンですが
私の購入したペリカンも
その強度を感じる本体なので
とても書きやすいです。

先代のペリカンが20年以上使えたので
今回のペリカンも長く使えるといいな~と思う
アナログ筆記具の備忘録でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました