【医療系備忘録】今年も乳がん検診に行って来ました!

医療・ヘルス

2017年3月17日

今年も乳がん検診に行って来ました。

検診先は医師会健診センターメディオ。
2017乳がん健診 (1)

今年も個人申し込みです。
2017乳がん健診 (2)-R

この検診票を書いてからメディオに向かいます。
2017乳がん健診 (3)

静岡市は2年に1回の検診に対して補助があります。
検診を受けるたびに
「12ヶ月後再検査」
というC判定が続く私にとって
この空白の1年後をどうやって乗り切るのか・・・
答えが分からないままだったりします。

経過観察のお墨付きをもらいつつ
病気ではないので保険適用外。

経過は観察するが
検査は自費でやってね♪
というグレーゾーンを10年以上続けています。

会社で乳がん検診を受けさせてくれれば良いのですが・・・
一番安い検査項目のみで健診しているので
個人申込で受診しています。

乳がん検診の予約を入れようと
メディオに電話したらなかなかの混雑状況で
生理後すぐに申し込みをしましたが
2週間先の予約だったので
タイミングを見計らって申し込みするのは
なかなか至難の業です。

平日の午後しかマンモグラフィの予約が取れないため
会社を早退して検査に向かいます。
会社早退は嬉しいのですが・・・
マンモグラフィの痛さを思い起こすと
メディオに向かう足取りも重かった

2年前の乳がん検診でC判定の「経過観察」。
1年後にマンモグラフィを受けよ!との診断後、
静岡市にある乳腺外来の東泉クリニックを訪れ
東泉クリニック経由でマンモグラフィと超音波検査を
保険適用で受診することが出来ました。

あれから1年。
今年は静岡市で補助対象となる
2年ごとの乳がん検診を受けます。

毎年マンモグラフィを受けていますが・・・
あの激痛・・・
なんとかならないのでしょうか

もうソレ以上圧力かけたらダメだ!
というところからもう1押し~2押しする。
撮影方法に毎回涙と緊張からくるワキ汗ダラダラで
めまいがしそうな勢いです。

マンモグラフィ終了後、
着替えをする時に見下ろすと・・・
真っ赤に擦れた胸が悲惨さを物語ります。
この圧迫痛が翌日も打撲痛のように襲うのだ。
人によって痛みの感じ方はそれぞれですが
私は毎回かなり痛い思いをしてマンモを受けています。

マンモグラフィはメディオで撮影してもらい
視触診は東泉クリニックを指定して申し込みました。
メディオで検診料金の2,000円を支払ます。
2017乳がん健診 (4)-R

その際に・・・
こんな感じのメモを渡されます。
2017乳がん健診 (5)

撮影したマンモの写真が1次診断の医師を経由し
東泉クリニックが2次診断と視触診を兼務します。
3月3日に電話連絡してから東泉クリニックに行きました。

なんとなく特に気にもせず行った東泉クリニックでしたが
たまたま訪れた日が女医さんの日だった。
これ・・・何気にラッキー
やっぱり男の先生に診てもらうのは心的苦痛が伴います
2017乳がん健診 (6)

東泉クリニックでWEBサイトを開設したようなので
これからは受診前に休診確認も取れます。

11時過ぎに病院に到着しましたが
院内やや混雑してました。

大丈夫だと思いつつ
やっぱり毎年緊張する瞬間です。

また経過観察なのか・・・
今年は異常なしなのか・・・
そうでなければ乳がんの疑いということになります。

順番が来て先生からマンモグラフィの状態説明を受け
典型的なカテ2の石灰化なので
心配無いですと言われ一安心。
その後視触診へと続き・・・
今回はお咎めなしの診断が下りました。
2017乳がん健診-R

異常所見認めず

病院から帰る道のりも心なし軽かったです

呉服町タワーの駐車場で駐車料金を支払い・・・
2017乳がん健診 (7)

久しぶりに気持ちが明るくなった乳がん検診でした。

今回は異常所見無しでしたが
乳がんから永久的に開放されたわけではありません。
定期的な検診。
自己検診を正しく行うことって大切だと思うのです。

自覚症状がなければこのまま2年後に
また乳がん検診を受けようと思いますが
ほんとうは保険適用で1年ごとの検診を
受けられる世の中になることを強く切望します。

今日は乳がん検診の備忘録でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました