NARSのライトリフレクティングセッティングパウダー プレストとルースの備忘録

コスメ

2018年8月7日

今日はフェイスパウダーの備忘録です。

購入日:2018年7月7日
購入店:WOWMA プレコハウス
商品名:ライトリフレクティングセッティングパウダー
品番:1410 ルースパウダー
サイズ:10g
カラー:トランスルーセントクリスタル
価格:3,585円

購入日:2018年7月20日
購入店:コスメデネット
商品名:ライトリフレクティングセッティングパウダー
品番:1412 プレストパウダー
サイズ:7g
カラー:トランスルーセントクリスタル
価格:3,350円

四季折々・・・

お肌の悩みは尽きませんが
暑い夏はお肌サラサラしていたほうが
見た目も手触りも断然いい。

ということで・・・
巷で噂のリフ粉を買いました。

パウダーというくくりでは
生涯かけても使い切れないアイテムが
各メーカーから山ほど発売されていますが・・・
私の琴線に触れたNARSのパウダー。

今日はNARSのパウダーを
グイグイと備忘録していきます。

長そうだよね・・・
今日もネタ的に

今回も購入先は並行輸入品を販売している
通販サイトを利用して購入しました。

いつもは通販オンリーで購入しますが
今回は事前に静岡に出店した
フルーツギャザリングで粉質を確認してから
購入に至りました→ちょっと慎重です。

持ち出し用にプレスト。
自宅用でルース。
結局どちらかに決めることができず
両方お買い上げです。
NARSパウダー (3)
左=ルースパウダー 右=プレストパウダー

定価はどちらも同じです。
お値段は同じですが内容量が違います。
ルースパウダー10g
プレストパウダー7g

地味なことですが・・・
使用期限にも差がありました。
ルースパウダー24ヶ月
プレストパウダー18ヶ月
NARSパウダー (4)

どちらも同じトランスルーセント。
白いパウダーで色が付かないタイプのお粉です。
NARSパウダー (1)

NARSのつや消しパッケージ。
一緒に並ぶとプレストのコンパクトのほうが
やや高級感を感じます。
NARSパウダー (2)

最初にルースパウダーから。
NARSパウダー (5)
穴の保護シールを剥がすと
片栗粉のような粉体が飛び出します。

この白い粉を見ていたら
メイクアップフォーエバーの
ウルトラHDルースパウダーを思い出します。

数年前に気に入って使っていましたが
粉を出すネット部分がどうにも苦手で
ネットを切り取って使った記憶がよみがえる
パケのリニューアルに伴ってフェードアウトしました。

ルースパウダーは小さな穴が開いた
スタンダードな容器のほうが使い慣れているので
扱いやすかったりします。

舞うような粉体は
リアルテクニクスのリスと高相性。
NARSパウダー (6)

化繊の毛質にまとわりつく粉が
均一なので粉含みは太鼓判級です。
NARSパウダー (7)

NARSのリフ粉。
うわさどおりサラッサラッです。
ルースパウダーの細かな粉が
お肌の凹凸・毛穴・ベタつきを
なかったことにしてくれる仕上がり。
なのにツヤは奪わない。
摩訶不思議なパウダーです。

NARSのお粉が絶賛されるのは
ネームバリューだけではなく
確かにその粉質が良いからだと感じます。
特にこの夏の暑い季節。
涼し気な顔と仕上がりに大満足。
リキッドファンデやクッションファンデの
仕上げに使うと透明感のあるベースメイクが
楽しめます

NARSマジックですね

続いてプレストパウダー。
NARSパウダー (15)

一応・・・
極薄のパフが付属していましたが・・・
NARSパウダー (13)
知らん顔してどんどん進みます。
※全く使う予定はないので

プレストパウダーは7gですが
コンパクトなので鏡付きです。
NARSパウダー (16)
容量が少ない分コンパクトとパフに
コストがかかっていると思いました。

取説を読む。
NARSパウダー (14)

NARSのお粉に魅力を感じたのは
小じわ・毛穴が目立たなくなるという
その触れ込みを体感したかったから。

気分が高揚していた時に
保護フィルムを雑に取ったら
フィルムの弾力でバウンドして
プレストの粉を引っ掻いてしまった
NARSパウダー (41)

皆様・・・取扱注意です。
NARSパウダー (43)
美しいパウダーの表面が
フィルムの線で台無し
特にプレストパウダーは割れやすいので
取扱は慎重に!→ってかオマエだよ!→私

プレストパウダーを使ってみて
いろいろ思うことがありました。

まずは香り。
NARSのルースパウダーでは
気が付きませんでしたが
プレストパウダーは成分臭のような
ケミカルな香りがします。
化粧品の香りとは違くて
あまり好きなニオイではありません。
顔に乗せた後も少し残り香がありますが
一日香り続けるということはないので
香り問題はヨシとします。

プレストしてある締固めが
かなり強いパウダーです。
リアルテクニクスのリスでは
パウダーをうまく取れませんでした。
NARSパウダー (29)

毛が密集していて
毛量のあるブラシのほうが使いやすく
携帯用のブラシで使っている
雑誌の付録が外出時には便利。
NARSパウダー (31)

粉を削るようなイメージで
ブラシを往復させます。
NARSパウダー (32)

自宅で使うブラシは

iHerbで購入してあったELFのブラシがちょうどいい。

iHerb (27) - コピー

粉質が硬いので
ブラシで粉を削れるくらいの毛質で
なおかつ肌に当たって痛くないという
絶妙なバランスのブラシ。
iHerb (28) - コピー
毛足が密で長さも絶妙なので
NARSプレストパウダー専用ブラシで活用してます。

ルースパウダーでは見えなかった
キラキラ光る粉体がプレストパウダーでは見えます。
NARSパウダー (34)

パールが強いパウダーとは違って
顔の上でキラキラ光ることはなく
光の反射でくずみを飛ばす効果を感じます。
NARSパウダー (30)

NARSすごくいいと思います!

コンパクトのサイズは長手に9cm。
NARSパウダー (26)

短手に7cm。
NARSパウダー (27)

厚さは1.5cm弱。
NARSパウダー (28)

化粧ポーチに入れても
薄いのでじゃまにならないと思われます。

ルースとプレスト両方使って感じたこと。
プレストパウダーが最高!

ルースパウダーは正直
使うまでのプロセスが面倒。
粉が舞うので取扱も慎重になりますが
プレストパウダーは蓋開けるだけ。
仕上がりはルースパウダーのほうが
きめ細かい感じもしますが
見た目と触り心地に大差ない

どっちか1個買うなら断然
プレストパウダー押します!

ただね・・・
ルースパウダーのいいところ。
ってか・・・
リアルテクニクスのリスのいいところ。
海外メイクブラシ (20)

粉を含んだこのブラシの
肌当たりが好き過ぎて・・・
ルースパウダーを使うのが楽しくなった。
だからルースパウダーはやっぱ必要。
リスにはルースパウダーが必要なんだ!

という・・・
また話が脱線しそうな感じ満載なところで
今日はおしまい。

NARSの白いお粉。
リフ粉最高~
という達成感とともに
次のお題は
白いお粉に違いはあるのか?
というどうでもいいことに興味が湧いたので
手持ちの白い粉を比較する備忘録へと続きます。

また興味のある方がいらっしゃれば
次回引き続きよろしくです。

おわり
だけど続く・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました