NUXEプロディジューオイル ボディケアで使い続けたい備忘録

コスメ

2018年8月23日

今日はボディケアの備忘録です。

以前書いたSABONのスクラブ
ちょっと類似するような備忘録です。

通年愛用しているのは
超リピ買いのボディローション。
エリザベスアーデンのこのボトル。
エリザベス・アーデン

いろんなボディケアアイテムの中でも
愛してやまないエリザベスアーデン。

名前はボディローションですが
テクスチャは緩すぎず硬すぎずで
広範囲に塗り伸ばすのは容易で絶妙。
保湿効果はソコソコですが
特筆すべきはやっぱり香り

グリーンティの香りが好きで
この香り目当てにリピしていると
言っても過言ではない。

柑橘系のさっぱりした香りでもなく
フローラルな甘さでもなく
深呼吸したいような清々しい香りの
グリーンティが大好きなのです。

冬の足りない保湿には
MUJIのホホバオイルと混ぜて使用。
無臭のホホバオイルは
グリーンティの香りを活かしたまま
保湿力を上げるので
そんな使い方で1年通して使っていました。

そんな時に・・・
愛車のクリッパーが
車検を迎えました。

なんか全く関係ない話っぽいですが
車検なくして今回のお題は語れません!

私は購入先のディーラーで
車検を受けるのですが
静岡日産の登呂店が
車検時に太っ腹なサービスを提供します。

車検のご予約時に
前金10,000円預けると
カタログギフトをプレゼント

というオマケに便乗して
そのカタログを吟味していたときに
今回のNUXEプロディジューオイルと
初対面を果たします。
NUXEプロディジューオイル2

ねっ!
車検なくして語れないよねっ!!

コスメを重点的に見ていて
なんとなく目についたオイル。

全身使えるっぽいし
ボトルのビジュアルが美しすぎる。
他に欲しいものが見つからず
お試し的にオーダーしたのですが・・・

コレがね
ビギナーズラックで
大当たりだったのよ!

と・・・
盛大に盛って語りたいのですが
大当たりだと思うまでには
少々時間を要しました。

その克服すべき難所は
ずばり香り!

このオイルの口コミを見ると
賛否分かれる分岐点が
香り問題。

フランス製という嗅げないイメージで
思い描くお花の香りとは
少し違う香りに最初は戸惑いました。

好きな香り?と聞かれると
ちょっと違うと答えたい。
そんな香り

ファーストインプレッションは
あまりいい感じのスタートではありませんでしたが
ソコソコ良いお値段がするオイルなので
洗面所に置いてとりあえず気が向いたときに
使ってみようとスタンバイしたのは
2018年5月15日でした。

100mlのスプレータイプ。
NUXEプロディジューオイル5

正規代理店のブルーベル・ジャパンのラベルが
貼ってありました。
NUXEプロディジューオイル4

保湿オイルで顔・体・髪に使えるマルチオイル。
NUXEプロディジューオイル3

スプレータイプではありますが
ミストのような吹け感ではないので
ビュッっと飛び出すような噴射です。
NUXEプロディジューオイル6

オイルはボトルに見える黄金色。
ドロドロしていないサラッとしたオイルで
ぬるつきを感じない不思議なテクスチャでした。
NUXEプロディジューオイル7
左=オイル塗り 右=素肌

テラテラしたオイル感は感じず
潤いを満たした光沢感を肌で感じます。
皮膜感を感じないオイルとの出会いは
感動を覚えるほどでした。

そうね・・・
このタイミングでオイルの素晴らしさと
香りの違和感を同時に感じます。

香りはあまり好きではありませんが
毎日少しづつ使っていくと
不思議と嗅覚がそのオイルに
寄り添って行きます。
好きじゃないけど嫌いじゃない。
そのくらいまで鼻が慣れるには
2週間程度を要しました。

オイルの使い方として
タオルドライ後の髪への使用は
少し重たく感じました。
私はショートヘアなので
1プッシュを毛先に付けるだけでも
全体がしっとりしてしまいます。
髪への使用はロングヘアの毛先がベスト。
冬の乾燥する季節には
使ってみてもいいかな~と
今はまた妄想の段階です→夏だからね

顔への使用はしていません。
油分はあるけど
水分が足りないお肌に
オイルを塗りたい気分ではないので
顔への使用は冬を待って
トライしたいと思っています。

そんなプロディジューオイルの
最愛の使用方法はやっぱりボディ。
SABONのボディスクラブでも書きましたけど
夏の暑い季節に
オイルベースでケアすると
お肌がとてもスルスルして
服が肌と触れる感触が気持ち良いのです。

お風呂上がりに
両腕=6プッシュ
腹・背中=6プッシュ
両足=8プッシュ

という使用量を手のひらに出し
両手で馴染ませながら
全身に塗り伸ばして行きます。

湯上がりの水分が残る肌に
オイルで蓋をするイメージ。
ベタつかないオイルは
肌に馴染むと輝くような潤いを感じます。

ボディミルクのような
滑るような塗りやすさは
正直オイルにはありませんが
両手に広がったオイルを
肌に点で置きながら
優しく塗り拡げる。

夏でも乾燥するボディのかさつきが
潤いで満たされて
しかも持続するという
いいとこ三昧な使用感。

朝の気分で
エリザベスアーデンのグリーンティで
癒やされながらボディケアをしたり
お肌の潤いを楽しむためにNUXEを使う。

当初は苦手だった独特な花の香りは
いつしか慣れまして
今ではその香りは自分の湯上がりの
香りだな~と思えるほど定着。

愛用のエリザベスアーデンと
使用感の異なるNUXEは
私の2大ボディケアアイテムとして
現在に至ります。

5月から使い始めたオイル。
使用頻度は週3~4日程度ですが・・・
3ヶ月使用した残量がコチラ。
NUXEプロディジューオイル1

う~ん・・・
だいぶ減りました!
夏の暑い盛りにも
使用できるほどのテクスチャは
ゴリ押しレベルのオイルです。

残量も少なくなったところで・・・
次のストックを買おうと思っていますが
並行輸入品か正規代理店かで
非常に悩んでいます

 

楽天で見つけたこのお店が
ちょっと気になるので備忘録。

並行輸入品で半額程度で購入するか
今はまだお店探しの途中です。

とにかく!
このオイルは良かった!
私の嗅覚が慣れて良かった!

というNUXEのプロディジューオイル備忘録でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました