Gaston Luga (ガストン・ルーガ) のバックパック ブラックのプローペルをレビューします!

バッグ

2019年6月15日

今日はバックパックの備忘録です。

北欧生まれのデザインバックパックブランド
ガストン・ルーガ様からコラボのお誘いを頂き
満面の笑みで選んだバックパックを
調子よく備忘録したいと思います。

ガストン・ルーガのブランドコンセプト
どの商品にも反映しているので
パッと見た目で好きと思われる方は
実物見ても好きだと思います。

今回私のところに来たのは
インスタでも有名なプローペル

Gaston Luga
Pråper(プローペル)は、ラップトップのための保護パッド付きインナーポケットと十分な収納スペース、そして貴重品を守る隠しポケットを兼ね備えています。強くで丈夫、そして長さが調節可能なフックにより、バッグをより安全にしっかりと閉めることができます。

現在キャンペーンでパスポートケースも付いてきます

お届け時はブランドロゴ入りの箱で
とてもいい状態で届きました。
物流業界の皆様に感謝です

本体のバックパックは保存袋入り。
あると便利です。

写真やネットの情報以外で
実物を見たことも触ったことも無かった私。
ファーストインプレッションは・・・
あっ!軽い!!

キャンパス地とビーガンレザーの見た目から
ずっしりした先入観を持っていましたが
実物はとても軽量なバックパックでした。

商品を選んでいるときに
一番悩ましかったのは
頂部のフラップ部分。
ここが重そうで硬そうで
バランス悪そうな見た目が
めっちゃ心配だったわけですが・・・

私の心配をよそに
サラサラした手触りで
皮革は非常に柔らかです。

底部には4箇所の鋲があるので
直置きも神経質にならず扱えます。

ショルダー部分はごつすぎない程度の
幅があるので本体とのバランスも良好

調整ベルトの金具も動かしやすいです。

真っ黒の全景にスウェーデンの国旗を模した
ブルー×イエローのタグがアクセントになりカワイイ!

プローペルのプレートはつや消し。
控えめですが大人っぽいデザインを殺さず
統一感がありとっても好きなポイントです。

背中のスリットポケット。

貴重品の収納に良さそうですが・・・
深さはパスポートサイズ程度なので
パスケースくらいがベストサイズ。

ジャストインでした

フラップの開閉はZカンが2箇所。

なんか使いづらそうだな~と
ここも心配ポイントだったわけですが・・・

ビーガンレザーの凸部と
Zカンの質感が非常にシルキーなので
引っ掛ける時の摩擦が無くスムーズ。

 

ビーガンレザーのフラップが
定位置に覆いかぶさる為
Zカンが迷子になることはなく
無用な心配は払拭されていきます。

バックパックの上部は
同じビーガンレザーのヒモ仕様です。

キャンパス地が厚地なので
きっちり締めるのはやや難儀ですが
思い切って締めなくても
フラップがかぶさるのでどうでもいい感じがします

内張りは落ち着いたレッドカラーで
ガストン・ルーガのロゴがいい感じです。

ブラック×レッドでルブタンを思い描くアナタ!
コレ好きだと思います

背中側にノートPCを入れるスペース。

自前のMacBookPro13インチを入れてみます。

固定バンドがジャストフィット。

ノートPCでなくても
A4サイズが余裕で入る隙間が助かる。

普段ノートPCは持ち歩きませんが
iPadは常備しているので・・・

iPadの定位置としてもいい具合です

この仕切部に2個ポケットが付いています。
中が暗くて見えにくいので
ペンライトで場所をアピールしておきます

※無茶したけどやっぱ見にくいな・・・

さて・・・
私の手荷物に招集をかけまして・・・

入れてみた。

ルートートのバックインバックが
そのまま底辺に収まりまして
その横の隙間に化粧ポーチがジャストイン。

愛用のAirPodsと鍵は左サイドに付いている
Dカンがめちゃ便利。

完成の図。

バックスタイル。

ここで地味に嬉しかったのは
このバックパックは自立するという事実。

背負ってもグッタリしない。
重くない→中身は重いけど

選んでいた時から気づいていたけど
最後までやっぱり気になるのは
プローペルには外ポケがありません。

その分スタイリッシュではありますが
ちょっと入れたいポケットがないので
不便さを感じてしまいます。

私が最後まで悩んだモデルはクラッシック

Gaston Luga
Clässic(クラシック)は、十分な収納力とラップトップのための保護パッド付き収納スペースがあり、仕事にも旅行にも最適です。4段階に調節可能なダブルストラップと、貴重品を収納できる隠しポケット付きです。

マグネット開閉のフラップで
クラッシックは外ポケットが付いています。

全体のサイズ感も
プローペルのほうが若干大きいのですが・・・
外ポケット重視なら断然クラッシックが良いと思います。

プローペル
高さ42cm✕幅30cm✕マチ15cm 18L

クラッシック
高さ42cm✕幅28cm✕マチ14cm 15L

商品を選ぶ時に単純サイズだけ見ると
数センチの違いなのですが
容量をリットルで見ると3Lの差。

インスタで背負っている画像をガン見すると
やっぱりクラッシックは少し小ぶりに見えます。
今回は容量重視でプローペルを選びましたけど
満足度はかなり高く
背負っているときも大満足です

プローペルは男女兼用で使えますので
ある日のガストン・ルーガWith私達で
締めます!

私が背負ったところ

相方さんが背負ったところ

相方さんワンショルダーの図。

相方さん手に持つの図。

というところでエンディング。

青空が心地よい静岡安倍川付近から
相方さんをパパラッチしておしまい!

そうだ!
安倍川といえば・・・
静岡市民の皆様~

今年の安倍川花火大会は
7月27日土曜日ですね~

今年は晴れるといいな

私は両手が使えるショルダーバックか
リュックサックが好きなのですが・・・
そんな感性をお持ちの方には
ゴリゴリ押したいガストン・ルーガのバックパック。

公式サイトで特別15%割引コードを使うとお得になります!

 

●15%off専用割引コード:ゆきだるま15 (期限なし)
公式オンラインストア:ガストン・ルーガ
公式アカウント名 :@gastonluga
●送料無料
サマーキャンペーン実施中!
バックパックをお買い上げいただいた方全員に、
限定パスポートケースをプレゼント中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました