伊東屋のカクテルインク 元町ブルーとキールロワイヤル

文房具

2019年8月23日

 

今日は旅のお土産備忘録です。

 

前回のエンディングのアレ。

↑コレを記録に残したいと思います。

 

 

横浜旅行で立ち寄った銀座伊東屋 横浜元町。

事前調査でその存在を知ったカクテルインク。

高級筆記具が勢揃いした3階フロアの一角に

カクテルインクバーがあります。

 

出来上がったインクを販売しているのではなく

注文の都度1瓶ごと作ってくれる特別感がたまらんのです。

 

カラーインクには興味なかったのですが・・・

店内をぶらぶらしていたときに

やっぱり興味をそそられまして

うっかりインクバーに立ち寄った結果がコレ。

 

 

色は2色

No.10 キールロワイヤル

No.28 元町ブルー

 

 

このままだとせっかくの色番ステッカーが邪魔になるので・・・

テンコ頂に貼替え。

 

店員さんいわく・・・

元町ブルーは一番人気だそうです。

 

 

さて・・・

このカクテルインクの価格は

1本 45ml 1,600円+消費税でございます。

価格は国産インクと同じくらいの価格帯。

ご当地価格としての付加価値を価格に上乗せすることもなく

非常に良心的な価格設定だと感じます。

 

 

んで・・・

このカクテルインクのネーミング。

カクテルインクという名前の通り

カクテルの名前で名付けられているそうですが

私は酒は一切飲まないので正直わからんです。

 

 

名前はさておきまして・・・

生涯初めてのカラーインク。

小さなジャムのような容器の瓶です。

 

キャップの口が広いので

ペン先から直接吸入するにも

注射器で吸入するのもラクチンです。

 

 

元町ブルー

 

 

キールロワイヤル

 

 

購入日がインク作成日なのですが

私の場合は旅の記憶も蘇る思い出インクです。

 

 

ガラス越しに見るインクの色は

汚れた心を浄化します~

 

 

店頭で色見本帳と試筆させて頂いた2色。

実用的なインクの代名詞となる

黒とブルーブラック以外のカラーインクは私にとっては大冒険。

 

 

ですが・・・

カラーインクに対する概念が覆るほど

良かった!!

 

元町ブルーは水っぽさを感じない

濁りのないクリアで凛々しいブルー。

抜けるような青空を思わせる素晴らしくきれいな色。

 

 

キールロワイヤルは

カシスとボルドーを混ぜたような色で

赤より深みがありがありつつも

黒っぽさは感じない赤なのがなんともツボでした。

 

 

絵心がねぇな・・・(訳:絵心が無いな)

 

自分で描いてて絵がヘタすぎるなと

絶望的なほど思うけど

でもいいの~

描いてると楽しいから~

 

元町ブルーとキールロワイヤル。

この2色に決めた理由は万年筆に由来する。

お気づきかもしれませんが・・・

 

元町ブルーはピナイダーのアバター。

 

美しすぎるイタリアの万年筆 ピナイダーアバターのアバロングリーンを愛でる備忘録
2019年6月21日今日は色を楽しむ備忘録です。前回のペンケースからチラ見えしていたアイツ!今日は盛大にお披露目しようと思います茶番からスタートしてスンマセン。ここから真面目にやってみます!購入日:2019年4月12日到着日:2019年5月

 

 

キールロワイヤルはキャップレスの須磨離宮ローズ。

 

PILOTのキャップレス万年筆 機能的で実用性抜群だけどエモさ上等
2019年7月3日今日も万年筆のお話です。万年筆を使うにあたりネックになるのがキャップ開閉の煩わしさ。それを万年筆特有の良さと捉えるか・・・それが面倒で手が出ないと憂うのか・・・万年筆と向き合ったこの2ヶ月間で万年筆の奥深い世界に迷い込みい

 

 

絶対に合う!

と確信して選んだので個人的に大満足です。

 

 

 

どういう場面でカラーインクを使って文字を書くのか?

 

 

ずっとその疑問が解けなかったのですが

その答えは紙に書いてみると案外かんたん。

 

 

文字は黒くなくても読める。

文字は濃い色のほうが見やすい。

 

 

黒い文字のほうが落ち着く場面は黒で書けばよくて

そうじゃないときは好きな色と好きな筆記具で書く。

 

ちょっとメモ

手帳にスケジュール

ボールペンを万年筆に持ち替えて「書きたい欲」を満たす

 

 

日常の「書く」という行為に

「好きな色」と「好きなペン」がプラスされるだけで

心と目と手が歓喜する。

 

 

そんな小さな幸せを感じた

カラーインク物語でした。

 

 

 

コメント

  1. 匿名 より:

    紙に書かれている文字ですが、本町ではなく、元町ですよー。

タイトルとURLをコピーしました