2017年5月26日

今日はのっけから散財備忘録です。
ガリャルダガランテ3



遺産相続問題でストレスが溜まっていて
その悶々としたストレスが
買い物で爆発しました


人間だもの!


たまにはアホみたいな
買い物したっていいじゃない!


って言っても・・・
しがないOL・・・ルルルルル〜
薄給での散財なので
なんつーかスケールは小さめです


庶民的なところが私の良いところ


毎日日課のようにベイクルーズという
通販サイトを眺めていた時に
気になっていたデニムがありました。


当初の予定はSpick and Spanのデニム。
Spick and Span
幸いにもこのSHOPはセノバに入っていまして
実物を見たくてたまらなくなり
相方さんを誘って新静岡セノバへ


同じく昨年の同時期に
欲しくてたまらなかった
アンボワーズのダブルリングベルト。
※結局似て非なるモノで一段落した備忘録はコチラ
アンボワーズ
これを同じくセノバのBEAMSで在庫を確認

当時は財力的に購入できませんでしたが
また欲しい気持ちに火が付きまして
妄走族な日々を過ごしていました。


実物見てから決めようと思って
久しぶりのセノバに行ったのですが・・・
まず・・・Spick and Spanのデニム。

これが写真で見た時より
かなり普通のデニムでした
モデルさんが着用しているものと
同じとは思えないほど特筆すべき点が無く・・・
一気に物欲が消滅した瞬間でした。


意気消沈したままBEAMSへ移動。
1年越しのアンボワーズのベルトに
物欲心を注ぎ込む

店内くまなく探してみたものの
どこにも見当たらず諦めかけた時に
壁面下のどうでもいい感じの場所に
ゴロンと放置されていたのを発見


この雑な扱いが実は何気にショックだった。


手に取ったアンボワーズのベルトは
見た目は写真そのものなのですが
想像以上に軽量で華奢。
色合いやダブルリングの豪華さなどは
かなり良かったのですけど・・・
実物を見て手に取った時に
このベルトに「諭吉=壱万円」は出せないな~
と確信したのでアンボワーズも却下。

あぁ・・・
不完全燃焼!


ちょっと良さそうなバッグもありましたけど
手持ちのバッグとかぶっているので
どうしても欲しいという欲求が湧かず
BEAMSを後にします。


並びにあるBEAUTY&YOUTHも物色しましたが
何を見ても持っているモノとかぶって
購買意欲に火が付かない。

肩を落としてうなだれる私に
必死で付きそう相方さんが不憫だった。


諦めてGAPへ行こうと思った時
最後にふと見かけたお店が
ガリャルダガランテ


書けるけど読めない店の名前


パッと見た印象は
Spick and Spanと同じ雰囲気。
私の財政で買える服があるのか?
かなり後ろ向きな気持ちのまま
とりあえず店内に入りました。


上品なドレスコード。
なんとなく私に合わない甘い雰囲気
相方さんとブラブラ店内を見ていたら
ちょっと気になるデニムを発見


今まで履いたことのないブランド。

YANUKだ!

手に取ると驚くほどしなやかな生地。
最近流行りのワイドシルエットではなく
私好みのスッキリしたデニム。
しかもホワイト。


ガリャルダガランテのコンセプトは
全く知らないけどYANUKのデニムに
俄然意欲が湧いてきた。


店員さんが感じの良い人で
親切にYANUKのデニムの良いところを
説明してくれる。
防汚加工が施されているので汚れも安心。
ウエスト部分もストレッチが効いていること。
オシリのポケットは少し低めの位置で
脚長効果が期待できること。

そしてトドメの一言・・・
「試着だけでもどうぞ」


危険な言葉をかけられて
魔法にかかって試着室へ。

モデルはBoys Slim“KAY”
サイズは23インチを試着。
かなりストレッチが効いていて
私のどっしり下半身でも入った。

が!

足がムチムチしてるよ
悲しい現実!

続いてワンサイズ上の24インチを試着。
そしたらこれがなかなかいい感じ。

パツパツで横ジワが気になった部分が
解消されて肉感をあまり拾わなくなりました。
相方さんにも確認してみると

「23インチはよしなさい」

と・・・24インチを推奨。

プレーンなホワイトデニムなのですが
RED CARDよりも断然ストレッチが効いていて
体に馴染んで履きやすい。


コレは買いだな~

と思っていたところで
店員さんからトップスのご指南が入る。


今年の流行語にもなりそうなアレ。

GUがソレを象徴するかのようなアレ。


ヌキ襟
モリ袖

こんなトップスを避け続けていましたが
店員さんがボリューミーなトップスを勧めてきます。


YANUKのホワイトデニムは
とてもラインがキレイなのですが
モデルさんのように足細ではないので
おしり辺りがどうしても膨張します。


その隠したい部分を覆うような
ビッグシャツがその難所をうまくカバーする。
さらにトップスの面積が大きいので
視覚効果でボトムラインが小さくなり
ホワイトデニムの膨張感が消える。


目の錯覚


今まで毛嫌いしてきたヌキ襟ですが
抜きすぎない位置で襟をキープしていると
後ろに引っ張られた違和感のある
ヌキ襟にはなりません。


何種類かのトップスを念入りに試着して
ようやく気に入るトップスを選びました。


スキッパーシャツブラウス


全体的にトップスのお値段は高額。
数千円のトップス愛用者としては
かなり勇気がいる価格帯です。


決め手になったのは
ネイビーカラーの色。
黒に近い濃紺で妙な明るさが無く
とても落ち着いた色合い。
プレーンなデザインでありつつ
要所に施された縫製のクオリティ。
スキッパータイプで基本カジュアル。
来年着ても違和感のないデザイン。
薄地で軽やかな素材がエレガントです。


同一ショップでコーディネート購入は
本当に久しぶりの体験でしたが
自分の好きなバランスを念入りに吟味できて
非常に満足のいく買い物になりました。


1時間近くアレコレと悩む私に
根気強く接客してくれた店員さんと
あくびを噛み殺しながら最後まで
買い物に付き合ってくれた相方さん。


感謝に尽きます。


私より先にお会計を済ませた
別のカップルがいましたが・・・
男性お支払で8万円超えの買い物をしてました


他所様の台所を探っても
自分の財布に変化は無いのですが
あんな買い物が日常的にできる
裕福な人って・・・
やっぱり羨ましいな


ともあれ買ってしまった洋服。
ガリャルダガランテ1



ショップバッグもオサレでした。
タッセル付きのショップバッグなんて
見たことないし
ガリャルダガランテ2




購入したデニムとシャツの備忘録は
次回へと続きます。


まずはガリャルダガランテという
非常に耳慣れないブランドで
キヨミズ買いしたという
小市民にしてはビッグなお買い物備忘録でした。